2007年12月13日

FXの利益

FXで利益をあげるための一つの方法として、スワップポイントというものがあります。金利が異なる二国間で通貨を売買した際に発生する金利の差額です。通常、金利の低い国の通貨を売って、金利の高い国の通貨を買い、その金利差を得ることになりますが、逆に金利の高い国通貨を売って、金利の低い国の通貨を買うと、金利差の支払いが生じてしまいます。
この場合の金利とは預金金利ではなく各国の政策金利に準じています。

しかし、おかげさまで(汗)日本は長いゼロ金利時代、、、金利の安い円を売って、高金利通貨といわれる豪ドル(年利6.25%)やNZドル(年利8.00%)を買えば効率的にスワップポイントを得ることができます。 (金利は2007年6月現在)
もう一つの利益をあげる方法としては、為替差益を得る方法です。
これは単純に1ドル=100円で買って1ドル=110円のときに売れば1ドルにつき10円の利益がでるということです。
しかしFXの取引というのは1万通貨単位以上からがほとんどです。
もし1ドル=95円になれば、1万ドルであれば5万円の損失ということになります。金利差の変動は穏やかですが、為替の値動きは短時間で大きく動くこともあります。
短時間で大きく儲けることもできれば、一瞬で大きな損失を被ることもあるのです。



posted by cat at 23:55| パリ ☀| FXのツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。