2008年01月09日

FXファンダメンタルズ

為替相場というものは、経済・政治・天候など様々な要因によって変動しています。これらの要因を検証、分析して相場の動向を探るのがファンダメンタル分析です。この分析で検証される要因をファンダメンタルズと呼びます。
「ファンダメンタルズが強気」ということは、相場が上昇するための、政治・経済などの要因が今現在揃っているということになります。

ファンダメンタルズ
 経済 ・・・ 経済指標であるGDP、景気動向指標、雇用統計 etc
 政治 ・・・ 政策、国際情勢 etc
 天候 ・・・ 台風、地震 etc
 資源 ・・・ 原油、貴金属、鉱物 etc

ファンダメンタルズによって、投資家心理を読むことも可能になります。
例えば、アメリカの景気が良いことを示す経済指標が発表されれば、「景気が良くなる→金利が上がる→ドルを買う」こう考える投資家も多いでしょう。逆に、アメリカでテロの噂が流れれば、「有事のドル売り→自分も手放す」という投資家も多いでしょう。
為替相場はその通貨を買いたい人がいれば高騰し、売りたい人が増えれば下落します。相場の動きを読むという意味で、ファンダメンタル分析は必須ですので、これからもっと詳しく勉強していきたいと思います。



posted by cat at 23:48| パリ ☔| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。