2008年01月25日

FX株式相場と為替相場

株式相場と為替相場は、全く無関係に動いてるかのようですが、実は投資家の資金が双方の相場を行き来している場合も多いので、相互に影響を及ぼすことがあるのです。

かつては日経平均株価をはじめとする日本株の上昇は円高材料とされていました。それは海外投資家が上昇基調にある日本株を購入する際は、まず自国の通貨を円に換算してから購入するからです。
しかし最近では「日本株高=円高」という図式が必ずしも成り立つわけではなくなっています。その要因のひとつは日本の低金利です。海外投資家は自国の通貨を売って円を買えば、金利差分のスワップポイントを支払わなくてはならなくなります。高金利通貨の国に居住していてれば、その分支払う金利も高額になり、せっかく株式投資で得た利益が相殺されてしまうことだってあります。そのため、円を買って株式投資を行うよりも、低金利で円を借り入れた方が得策だと考える投資家が多くなるのは当然のことですよね。
このように、低金利通貨を他の高利回りの投資に利用して利幅を狙う取引をキャリートレードといいます。
日本と他国通貨との金利差が縮小するまでは、株高でも円安といった現象が現れる可能性はあります。

一般的には、株式相場が上昇基調にある国の通貨は「買い」で、株式相場が下落気味にある国の通貨は「売り」なのです。が、前述したように、キャリートレードということもあるので、必ずしもそれが当てはまるわけではないので、やはり他の情報を十分に加味して判断しなくてはいけませんね。


ラベル:FX
posted by cat at 22:00| パリ | ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。