2008年01月28日

FX季節要因

相場は、毎年同じ時期に同じような動きをする傾向にあります。絶対ではないのですが、様々なリスクを回避するためにもその傾向を押さえておく必要があります。
これまでは相場を動かす要因として、各国の経済指標や要人発言、株式や商品相場など、様々なものを勉強してきましたが、忘れてはいけないのが季節要因です。夏休み、冬休みのクリスマスや、ボーナス時期には投資家たちも「旅行に行きたい」「ボーナスで投資したい」と考えるものです。そういった投資家審理が相場を動かす要因となることがあるのです。また、連休など市場参加者が少なくなると、値が急激に大きく動くこともあるので、注意が必要です。他の相場を動かす大きな要因がない限り、この季節要因も考慮する必要があります。

・ゴールンデンウィーク:海外に行く人が増え、円が売られやすい
・夏休み:市場は閑散となりやすい
・ボーナス:ボーナスを投資資金として市場に流入しやすい
・クリスマス:特に欧米では1〜週間前には取引を終了させてしまう投資家
       が増え、薄商いになりやすい
・正月:日本はゆっくりだが、海外では2日から相場が大きく動くことがある
・スポーツイベント:オリンピックやサッカーなどのワールドカップの時期 
       には投資家が取引を控えるため、薄商いになりやすい

薄商いとは、お盆の時期や年末にみられる、取引が少なくあまり相場が動かない状態のことで、薄商いの時には、取引参加者が少ないことに伴い、相場にとって影響を与えるものが少なくなり、何か材料が出たときに一方向に大きく動いてしまう場合もあるので注意が必要です。


ラベル:FX
posted by cat at 22:40| パリ ☁| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。