2008年02月06日

FX移動平均線:買売時

移動平均線はローソク足や平均線同士の位置関係、平均線同士が交差するタイミングで「買い時・売り時」をつかむことができます。
 上昇トレンド=ローソク足>移動平均線
 下降トレンド=移動平均線>ローソク足
「買い時」
◆ローソク足が移動平均線を上抜ける時
◆短期の移動平均線が、中・長期の移動平均線を上抜ける時=ゴールデンクロス
 ゴールデンクロス形成後に下落することもあるので要注意
◆中・長期の移動平均線の下方に短期の移動平均線が位置し、乖離幅が大の時
◆中・長期の移動平均線が上昇中に、短期の移動平均線が下から上抜ける時
「売り時」
◇ローソク足が移動平均線を下抜ける時
◇短期の移動平均線が、中・長期の移動平均線を下抜ける時=デッドクロス
 デッドクロス形成後に上昇する場合もある
◇中・長期の移動平均線の上方に短期の移動平均線が位置し、乖離幅が大の時
◇中・長期の移動平均線が下降中に、短期の移動平均線が上から下抜ける時

・ローソク足と移動平均線がクロスする地点
・移動平均線同士がクロスする地点
・移動平均線がローソク足から大きく乖離した地点
以上3つのポイントに気をつければある程度の「買い時・売り時」をつかむことができるということです。



ラベル:FX 移動平均線
posted by cat at 23:00| パリ ☁| テクニカル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。