2008年02月08日

FXトレンド

相場の動きというものは、常に何らかの方向性を持っています。その方向性のことをトレンドと呼びます。トレンドには「上昇」「横ばい」「下落」があります。

為替相場は短期的には小刻みに上下していますが、少し長いスパンで見てみると、大小の波を描きながら「上昇」「横ばい」「下落」いずれかのトレンドを繰り返して進んでいるのがわかります。
どの通貨でも永遠に上昇や下降を続けるということはありません。株や為替の世界ではよく調整(correction)という言葉が用いられ、一時的に上昇や下落をしても、やがて元の水準に戻ることを言います。特に急激に上下した場合、急激に調整されることが多いのです。

株や為替の投資法には大きくわけて2つあります。
順張り・・・トレンドに沿った投資法
逆張り・・・現在のトレンドが逆転することを見越し、トレンドと逆の投資法
ここで言う張りとは、賭けるという意味ですね。
どちらの手法を使うにしても、自分なりにトレンドを見極めた上で売買を行うことがとても重要です。
今まで学んできたテクニカル分析でトレンドの転換点をある程度見極めることが可能なのですから、売買判断に是非役立てられるよう、理解を深めなくてはいけません。



ラベル:トレンド FX
posted by cat at 22:00| パリ | テクニカル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。