2008年03月21日

FXにかかる税金

FXには株などと違い「雑所得」という税金を確定申告する必要があります。が、年収2000万円以下で、雑所得収入が20万円を超えない人は申告する必要はありません。
FXの売買で得た利益は、そこから必要経費を差し引いたものが収入金額になります。必要経費とは、FXでかかった手数料、ネットプロバイダー使用料、通信費、セミナー費用(交通費も含む)、書籍購入費、筆記用具などの消耗品等で全て経費から差し引くことができるわけです。

今年6月までの1年間(2006事務年度)に行われた個人に対する税務調査のうち、FXで得た所得の申告漏れ総額が224億円に上ったことが先月16日、国税庁のまとめで分かりました。
1件当たり2176万円で、不正を見込んで行った調査全体の平均の約2.6倍となり、「個人の申告漏れではかなりの高額」(同庁)だったようです。

FXの市場は年々拡大していますが、仲介業者の大半は、客の損益記録を税務署に提出する義務のない「店頭取引」業者であるために、利用者の存在を把握しにくいのです。全国の国税局が近年調査に力を入れており、06事務年度は1030件を調査しました。
ある男性は20以上の店頭取引業者を使い、4年間で2億4900万円の所得を得たにもかかわらず、一切申告していませんでした。

逮捕者まで出ているFXの脱税はすごいですね、所得高だけはあやかりたいものです。(苦笑)
早く申告できるほどになりたいですぅぴかぴか(新しい)



ラベル:税金 FX
posted by cat at 22:00| パリ ☔| FXを始める前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。