2008年01月28日

FX季節要因

相場は、毎年同じ時期に同じような動きをする傾向にあります。絶対ではないのですが、様々なリスクを回避するためにもその傾向を押さえておく必要があります。
これまでは相場を動かす要因として、各国の経済指標や要人発言、株式や商品相場など、様々なものを勉強してきましたが、忘れてはいけないのが季節要因です。夏休み、冬休みのクリスマスや、ボーナス時期には投資家たちも「旅行に行きたい」「ボーナスで投資したい」と考えるものです。そういった投資家審理が相場を動かす要因となることがあるのです。また、連休など市場参加者が少なくなると、値が急激に大きく動くこともあるので、注意が必要です。他の相場を動かす大きな要因がない限り、この季節要因も考慮する必要があります。

・ゴールンデンウィーク:海外に行く人が増え、円が売られやすい
・夏休み:市場は閑散となりやすい
・ボーナス:ボーナスを投資資金として市場に流入しやすい
・クリスマス:特に欧米では1〜週間前には取引を終了させてしまう投資家
       が増え、薄商いになりやすい
・正月:日本はゆっくりだが、海外では2日から相場が大きく動くことがある
・スポーツイベント:オリンピックやサッカーなどのワールドカップの時期 
       には投資家が取引を控えるため、薄商いになりやすい

薄商いとは、お盆の時期や年末にみられる、取引が少なくあまり相場が動かない状態のことで、薄商いの時には、取引参加者が少ないことに伴い、相場にとって影響を与えるものが少なくなり、何か材料が出たときに一方向に大きく動いてしまう場合もあるので注意が必要です。


ラベル:FX
posted by cat at 22:40| パリ ☁| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

FX株式相場と為替相場

株式相場と為替相場は、全く無関係に動いてるかのようですが、実は投資家の資金が双方の相場を行き来している場合も多いので、相互に影響を及ぼすことがあるのです。

かつては日経平均株価をはじめとする日本株の上昇は円高材料とされていました。それは海外投資家が上昇基調にある日本株を購入する際は、まず自国の通貨を円に換算してから購入するからです。
しかし最近では「日本株高=円高」という図式が必ずしも成り立つわけではなくなっています。その要因のひとつは日本の低金利です。海外投資家は自国の通貨を売って円を買えば、金利差分のスワップポイントを支払わなくてはならなくなります。高金利通貨の国に居住していてれば、その分支払う金利も高額になり、せっかく株式投資で得た利益が相殺されてしまうことだってあります。そのため、円を買って株式投資を行うよりも、低金利で円を借り入れた方が得策だと考える投資家が多くなるのは当然のことですよね。
このように、低金利通貨を他の高利回りの投資に利用して利幅を狙う取引をキャリートレードといいます。
日本と他国通貨との金利差が縮小するまでは、株高でも円安といった現象が現れる可能性はあります。

一般的には、株式相場が上昇基調にある国の通貨は「買い」で、株式相場が下落気味にある国の通貨は「売り」なのです。が、前述したように、キャリートレードということもあるので、必ずしもそれが当てはまるわけではないので、やはり他の情報を十分に加味して判断しなくてはいけませんね。
ラベル:FX
posted by cat at 22:00| パリ | ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

FX ECB

ECBuropean entral ank)欧州中央銀行はユーロ圏の金融政策をつかさどる中央銀行の役割を担っています。
ユーロ圏の誕生は、EU加盟国中11カ国の金融政策がそれぞれの中央銀行からECBに移管された1999年1月にさかのぼります。その2年後にはギリシャが12番目のユーロ参加国となり、ユーロ圏の誕生、新たな超国家組織であるECBの設立は、欧州統合という長く複雑な過程における極めて重要な達成でありました。
2007年からはスロヴェニアが参加しています。さらに2008年にはキプロスとマルタでもユーロが導入され、これによりユーロ圏は計15カ国、人口3億2000万人を擁する経済圏となっている。
こうした背景から、米ドルに続く第二の基軸通貨とも言える地位を確立しつつあり、ECBの金融政策の動向も注目されています。
2007年6月現在で政策金利4.00%ですが。今後も利上げの可能性はあります。

ECB議長の発言もFRB議長のそれと同様に、為替相場に影響をもたらします。景気拡大、インフレ懸念などを示唆するような発言を行った場合は、ユーロの「買い時」、逆に景気後退を示唆するような発言をすればユーロの「売り時」です。ユーロ圏は比較的治安がよく地政学的リスクも低く、原油高にも強いことから資金逃避通貨として利用されるころが多いため、かつての「有事のドル買い」が今では「有事のユーロ買い」になっています。
ただし、急激にユーロが上昇すると、ECB議長などの要人がユーロ高をけん制する発言を行うことがあります。この場合にはユーロは「売り時」になります。

ラベル:ECB FX
posted by cat at 23:55| パリ ☁| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

FXその他の指標

今まで勉強してきた指標の他にもまだ為替に影響する経済指標はあります。
貿易収支は、その国の輸出額から輸入額を差し引いたものです。日本は貿易黒字国であるためか、日本の貿易収支に市場はあまり反応しませんが、アメリカは莫大な貿易赤字を抱えているため、市場はそちらに反応することがあります。2005年12月にはアメリカの貿易赤字が過去最大を記録したとの発表に、発表前に118円台で推移していたドル/円が、発表直後3時間ほどで116円台まで急落してしまったということがありました。確かに他のドル売りの要因も重なっていたのですが、これほどの大きな下落は主に貿易赤字拡大によるものと考えられます。

その他にも、ISM製造業非製造業景況指数消費者信頼感指数個人消費新規住宅着工件数などがあり、月一で発表されます。
毎週出される指標には、雇用との関係で注目される新規失業保険申請件数があります。また、経済指標ではありませんが、FOMCの2週間前の水曜日に発表される地区連銀経済報告とよばれるベージュブックも為替相場に影響することがあります。
注目度が高い経済指標は常に注視してどのように影響するのかを知ることが大切です。

ラベル:FX
posted by cat at 22:00| パリ ☁| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

FX米雇用統計

米雇用統計とは、失業率と非農業就業者数を中心とし、製造業就業者数・小売業就業者数・週労働時間・賃金インフレの状態を示す平均時給など10数項目が発表され、金融政策の方針を決める重要な要素となる指標です。
雇用統計は、米労働省が月初めの金曜日、ニューヨーク現地時間午前8時半に発表します。夏時間では東京時間の21時半、冬時間では東京時間の22時半です。この統計の後に相場が動くことが多々あるため、発表が近づくと取引を控える投資家が多いほどです。

米雇用統計では、10項目の指標が発表されますが、その中でも特に注目されるのは、非農業部門就業者数と、失業率です。特に非農業部門就業者数は前月比15万人以上の増加で、雇用が回復基調にあると判断され、逆に大幅減少した場合、家計が圧迫される家庭の増加が考えられます。雇用関係の
数値は個人消費などにも影響するので、景気への影響も密接です。
就業者数が増えれば労働環境が良く景気も底堅いと判断でき、労働需要が強ければ、平均賃金が上昇しやすくインフレ懸念が強くなります。インフレ懸念があれば、FOMCで利上げを行う可能性が高まり、そうした思惑から、ドルが買われる要因となります。

非農業部門就業者数の増加幅が事前予想より上回っているかどうかで「買い時・売り時」を予想しましょう。基本的に、増加幅が事前予想より上回っていればドルの「買い時」下回っていれば「売り時」ということになります。が、事前予想を若干しか上回らなかった場合は、投資家が失望してドルが売られることがあるので、注意が必要です。
ラベル:FX 米雇用統計
posted by cat at 23:06| パリ ☀| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX米雇用統計

米雇用統計とは、失業率と非農業就業者数を中心とし、製造業就業者数・小売業就業者数・週労働時間・賃金インフレの状態を示す平均時給など10数項目が発表され、金融政策の方針を決める重要な要素となる指標です。
雇用統計は、米労働省が月初めの金曜日、ニューヨーク現地時間午前8時半に発表します。夏時間では東京時間の21時半、冬時間では東京時間の22時半です。この統計の後に相場が動くことが多々あるため、発表が近づくと取引を控える投資家が多いほどです。

米雇用統計では、10項目の指標が発表されますが、その中でも特に注目されるのは、非農業部門就業者数と、失業率です。特に非農業部門就業者数は前月比15万人以上の増加で、雇用が回復基調にあると判断され、逆に大幅減少した場合、家計が圧迫される家庭の増加が考えられます。雇用関係の
数値は個人消費などにも影響するので、景気への影響も密接です。
就業者数が増えれば労働環境が良く景気も底堅いと判断でき、労働需要が強ければ、平均賃金が上昇しやすくインフレ懸念が強くなります。インフレ懸念があれば、FOMCで利上げを行う可能性が高まり、そうした思惑から、ドルが買われる要因となります。

非農業部門就業者数の増加幅が事前予想より上回っているかどうかで「買い時・売り時」を予想しましょう。基本的に、増加幅が事前予想より上回っていればドルの「買い時」下回っていれば「売り時」ということになります。が、事前予想を若干しか上回らなかった場合は、投資家が失望してドルが売られることがあるので、注意が必要です。
ラベル:米雇用統計 FX
posted by cat at 23:06| パリ ☀| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

FX FRB

FRBederal eserve oard)と呼ばれているアメリカ連邦準備理事会は、アメリカの中央銀行として金融政策の最高意思決定機関であり、ドルに限らず為替相場全般に大きな影響力を持っています。
FRBも日銀の金融政策決定会合にあたる、FOMCederal pen arket ommittee)アメリカ連邦公開市場委員会を6週ごとに開いているので、政策金利に関する決定も行われます。
アメリカ同時多発テロなどによる、低金利の時期もありましたが、2004年6月の利上げ以降、2006年6月までに連続17回の利上げが実施され、8月に5.25%に据え置かれました。

FOMC後に発表される声明文の内容は市場での注目度が高く、微妙な表現がドル相場に大きな影響を与えることもよくあります。
そしてFRB議長の発言も毎回注目されます。
 景気拡大・・・利上げ観測、ドル高の可能性
 景気失速・・・利上げの中止、利下げ観測、ドル安の可能性
 インフレ懸念・・・利上げ観測、ドル高の可能性
 インフレは抑制されている・・・利上げ観測後退、ドル安の可能性   etc
というように、利上げの可能性が示唆されたり、景気拡大やインフレ懸念の内容が含まれている場合は、利上げ観測が浮上し、ドルの「買い時」となり、景気減速や、インフレ懸念の後退やドル安、利下げを容認する内容が含まれていた場合はドルの「売り時」と判断されます。
世界の基軸通貨であるドルの値動きは、他の通貨にも影響を与えることが多いので、他の通貨を売買している投資家も、FRB議長の発言には注目しなくてはなりません。

ラベル:FX FRB
posted by cat at 22:51| パリ ☁| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

FX日銀短観

日銀短観とは、日銀が行う「企業短期経済観測調査」のことです。
日銀が年4回、国内の資本金2000万円以上の企業を対象に、大手企業と中小企業、製造業と非製造業などに分けて、業績や状況、設備投資の状況、雇用などについて実績と今後の見通しを聞き、良いとする企業の比率から悪いとする企業の比率を引くという形で示されます。調査された翌月には発表されるという速報性、回収率や信用性の高さからも、非常に重要視される指標のひとつであり、景気動向を占う上でも重要な経済指標と言われ、影響力はとても高いのです。

日銀短観が良好ということは、国内景気がよくなっていることを示しています。全般的に、景気がよくなれば物価は上昇する傾向になり、日銀はそれを抑える方策をとる必要が出てきます。それが利上げ(政策金利の引き上げ)です。
一般的に、利上げ観測が強い通貨は買われやすくなるため、日銀短観の結果が良好な場合は円の「買い時」、反対に日銀短観の数値がおもわしくない場合は円の「売り時」ということになります。
ラベル:日銀短観 FX
posted by cat at 22:00| パリ ☁| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

FX日本銀行の役割

日銀の動きというのは為替相場に大きく影響します。かつて、円高を阻止するため日銀が徹底したドル買い介入を行いました。
景気回復が基調になった今日では、金融政策が注目されています。

日銀は1882年に日本銀行法に基づいて設立された許可法人です。
日銀業務のうち為替相場に関連のあるものは、以下の3つです。
金融政策の決定、実行・・・日銀金融政策決定会合で金融政策が決定され、
  決定事項は日銀総裁が発表。金融政策そのものに言及するため、会合後
  の総裁の発言は注目度が高い。
国際金融業務・・・外国為替の売買。景気の低迷時期には、輸出企業を守る
  ため「円売り・ドル買い」の介入を続けたこともある。
調査、研究、統計・・・日銀短観、企業物価指数、国際収支などの、相場を
  動かす要因ともなる指標の作成を手がける。

各国の中央銀行の総裁発言は常に注目されています。もちろん日本の中央銀行である日銀も同じです。それまで、日本は超低金利国で利上げとはほぼ無関係でしたが、2006年3月に「量的緩和解除」、7月に「ゼロ金利解除」を行ってから、日本の利上げ時期についても市場が注目するようになりました。
総裁発言で、景気の拡大や物価上など利上げを示唆するような内容があれば、円の「買い時」ということになるのです。

ラベル:FX 日本銀行
posted by cat at 23:52| パリ ☁| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

FX金融政策

各国での中央銀行は、政策金利を上げたり下げたりすることで、景気をコントロールしています。この金融政策は為替相場に直接影響するので、常にその動向に注意を払う必要があります。

景気が拡大することは良いことなのですが、景気が急拡大した場合は物価が急激に上昇する傾向にあります。物価が上昇しすぎると、インフレを起こして物価が上昇し、通貨の価値が低下してしまうことがあります。大幅な物価上昇は、消費の減少と景気の後退を招いてしまうのです。
これに対処する方法が利上げです。利上げにより、預金金利も上がるのですが、借入金に対する金利も上がってしまいます。すると、資金の借り入れが減り預金高が増加します。その結果、民間の消費や設備投資などが減少して物価上昇が抑えられるという仕組みです。
利上げの後押しをする材料としては、
物価上昇・・・消費者物価指数、生産者物価指数
雇用拡大・・・アメリカ雇用統計
住宅需要・・・住宅ローン、新規住宅着工件数
景気拡大・・・鉱工業生産、消費者信頼感指数、ISM指数
などが挙げられます。

米国の中央銀行である、FRB(アメリカ連邦準備理事会)に関する記事で「インフレ懸念」という言葉が出てくるのは、このような背景があるからです。消費者物価指数(CPI)や生産者物価指数(PPI)などの数値が大幅に上昇すると、インフレ懸念から利上げ観測が高まる傾向にあります。
基本的に、利上げ傾向が感じられたら、その通貨の「買い時」で、利上げ傾向が後退したときは、「売り時」です。ただ、利上げ実行前までは上昇していても、実施されたとんに下落するというパターンもあり、この場合は利上げ実行前までが「買い時」で利上げ直後が「売り時」となるので、注意が必要です。
posted by cat at 22:00| パリ ☔| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

FX景気動向指数

内閣府経済社会総合研究所が毎月公表する、景気動向を総合的に示す指標を景気動向指数といいます。
景気動向指数は景気の現状把握や予測に利用され、景気動向指数の高い国の通貨は買われる傾向にあります。
生産・雇用・売上高などの景気に影響を与える指標のうち、3か月前の指標と比較して、50%を景気判断の境目とし改善している指標の割合で表します。

3系列の景気動向指数
先行指数 ・・・ 一致指数に先行して動くため、景気の先行きを示す。
         先行指数が良ければ景気の見通しが良いとされている。
新規求人数、新設住宅着工床面積、実質機械受注、長短金利差 etc全12項目
一致指数 ・・・ 現在の景気の状況を表す指標。3ヶ月以上50%を超え
         れば景気拡大、下回れば景気後退と見られる。
新鉱工業生産指数、大口電力使用料、百貨店販売額 etc全11項目
遅行指数 ・・・ 半年〜一年ほどの過去の景気を示す指標。
法人税収入、家計消費支出、完全失業率、常用雇用指数 etc全7項目
この合計29の指標をある計算式に当てはめて景気の動向を判断しています。


基本的には、景気動向指数が上昇すれば「買い時」下落すれば「売り時」となります。ただし、市場は先行きの動向に着目するので、主に市場が反応するのは先行指数ということになります。

ラベル:FX 景気動向指数
posted by cat at 23:58| パリ ☔| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

FX GDP

GDPross omestic roductの略で、国内全体で生産したもの、「国内総生産」と言います。ファンダメンタルズの中で最も重要な指標のひとつなのです。

GDPは国内で生産された物・サービスなどの総額で、この発表は四半期ごとに行われ、前年比と前期比で伸び率が出されます。この伸び率は「経済成長率」と呼ばれ、景況感に少なからず影響を与える数値とされています。
このGDPには名目GDP実質GDPがあり、名目GDPから物価変動の影響を差し引いたのが実質GDPであり、経済成長率には、この実質GDPが用いられています。

基本的には、GDPが前年比もしくは前期比で伸びている国の通貨が買われる傾向にあります。したがって、GDPの数値が前年比もしくは前期比で上昇していれば、「買い時」ということになります。ただ、上昇幅が小さいとか事前予想より上回らなかった場合には、市場の反応が限定的となるので、一方的に上昇するとは限りません。反対に、GDPの数値が下落していれば、その国の通貨は上昇圧力は弱く、先行き下落が見込まれるような状態なので、「売り時」なのです。特に事前予想とのギャップが大きい場合は大きく売られることもあります。
posted by cat at 23:45| パリ ☁| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

FX相場を動かす要因

まず、相場を動かす要因をもっと知る必要があります。
為替相場は経済行為に不可欠な通貨の値段であるのですから、経済要因というのは相場を動かす第一の要因と言っても過言ではありません。多くのFX業者が経済指標の結果発表の予定表をサイトに掲載していることからも、その影響力と重要さが窺えます。
もちろん政治も並んで相場を動かす重要な要因といえます。
例えば2005年9月の衆議院総選挙で自民党が圧勝したときには、円が大幅に上昇し、逆に2006年7月に北朝鮮がミサイル発射をしたときには、日本の地政学的リスクが高まったために、円が売られました。この地政学的リスクとは、国際紛争に関わって発生することが多い政治や地理的要因による景気悪化リスクです。
天候も相場に密接に影響しています。2005年にアメリカにハリケーンが続けて上陸したときには、各地で大きな被害が出て、景気の先行き不安からドルが売られました。
他にも原油や貴金属などの商品相場が為替相場に影響することもあります。オセアニア通貨は資源国通貨でもあるために、貴金属相場の上昇に連られて高くなる傾向があります。
米ドルは原油相場が上昇すると逆に安くなる傾向にありますが、原油高の原因が中東情勢の混迷の場合、投資家が安定性を重視してドルを買うという場合もあります。
株式市況も為替に影響します。一般的に、その国の株式が下落すると、通貨の価値も下がる傾向にあります。

このように様々な要因で為替は動いているのです。これらの動向を大まかにでもつかんでおけば、為替相場というものが少し見えてくるのではないでしょうか。
ラベル:FX
posted by cat at 23:49| パリ ☁| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

FXファンダメンタルズ

為替相場というものは、経済・政治・天候など様々な要因によって変動しています。これらの要因を検証、分析して相場の動向を探るのがファンダメンタル分析です。この分析で検証される要因をファンダメンタルズと呼びます。
「ファンダメンタルズが強気」ということは、相場が上昇するための、政治・経済などの要因が今現在揃っているということになります。

ファンダメンタルズ
 経済 ・・・ 経済指標であるGDP、景気動向指標、雇用統計 etc
 政治 ・・・ 政策、国際情勢 etc
 天候 ・・・ 台風、地震 etc
 資源 ・・・ 原油、貴金属、鉱物 etc

ファンダメンタルズによって、投資家心理を読むことも可能になります。
例えば、アメリカの景気が良いことを示す経済指標が発表されれば、「景気が良くなる→金利が上がる→ドルを買う」こう考える投資家も多いでしょう。逆に、アメリカでテロの噂が流れれば、「有事のドル売り→自分も手放す」という投資家も多いでしょう。
為替相場はその通貨を買いたい人がいれば高騰し、売りたい人が増えれば下落します。相場の動きを読むという意味で、ファンダメンタル分析は必須ですので、これからもっと詳しく勉強していきたいと思います。

posted by cat at 23:48| パリ ☔| ファンダメンタル分析のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。