2008年03月10日

FXに通ずる格言

相場に関するおもしろい格言をみつけました。どれも、人間の深層心理をついている格言なので、肝に銘じておく必要があります。

『人の行く裏に道あり花の山』
人が多く行く場所の裏側には、意外な花見の場所があるというように、他人と同じ考えで取引をしていては、利益を得にくいということです。
バブル期の風潮に乗って株を買ってしまっては、バブル崩壊で大損してしまうが、逆に誰がこんな時期に株を買うんだというような景気低迷時に株を買って、その後の株高で大きく利益を得るというような状況ですね。

『もうはまだなり、まだはもうなり』
売買のタイミングの難しさを説いています。
「もうこれ以上高値にはならずに下げに転じるだろう」と思っているとさらに高値を更新したり、「ここが底値だろう」と思っていたらさらに下回ったりということはよくあります。「もう〜だろう」と思った時は安易に動かずに冷静になりましょうということです。

『下手な難平(ナンピン)大怪我のもと』
難平とは、買いの場合、損を取り戻すために下げたところで買い増しし、平均取引価格を下げることをいいます。しかし難平は、相場が反転しない限り、蟻地獄のように深みにはまってしまう危険性があるのです。
あまり熱くなって入れ込み過ぎると、大損をしてしまうかもしれないという注意なのです。



ラベル:FX
posted by cat at 23:58| パリ ☔| 通貨選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

FX質への逃避

インドなどの振興経済国の株が急落したときに、米ドルが買われる動きがありました。この米ドル買いは、リスク回避を目的としたドル買いの動きもあったようです。このような動きを質への逃避といいます。
質への逃避は、金融市場が混乱して先行きに不透明感が大きくなった場合に、投資家がリスクを避けてより安全で換金性の高い投資を行おうとすることなのです。
当時、日米欧そろって利上げ観測が広がり「資金が収縮するかもしれない」との思惑から、中南米やアジアの新興国などに分散されていた資金を一旦米ドルに換える動きが強まったのです。
その一方、中間決算期末を控えた米系ファンドなどのレパトリ(本国送金)に伴うドル買いが入っていたこともドルを支える要因となっていたようです。

一連の流れからわかるように、ドルの上昇は以下のような流れで起きたと考えることができます。
 日米欧における利上げ継続観測
   ↓
 株式・商品相場の急落
   ↓
 投資家による株式・商品市場からの資金引き上げ
 米系ファンドのレパトリ
   ↓
 ドル買い

このように金融市場では一見別々の事象に見えることでも、相互に影響し合い、大きな流れを作るということがあるのです。ただ、この流れは永続的なものではありません。
決算期などの一定期間を過ぎれば終息します。他にも人民元改革や地政学的リスクなど、グローバルで多様な動きへの目配りも忘れてはいけません。

ラベル:FX
posted by cat at 22:24| パリ ☁| 通貨選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

FX日本の金利

日銀は2006年3月の量的緩和解除に引き続いて、7月14日ついにゼロ金利解除に踏み切りました。公定歩合を0.1%から0.4%にほぼゼロ%とされてきた無担保コール翌日物金利の誘導目標を0.25%に引き上げたのです。さらに、ゼロ金利解除の動きを受けて、大手銀行が短期プライムレートの引き上げを実施・検討に入りました。
これらの金利はどう違うのでしょう。

公定歩合
 日銀が市中銀行に貸し付けを行う際に適用される基準金利
無担保コール翌日物金利(コールレート)
 銀行同士が無担保で翌日返済の短期資金を貸し借りする際に適用される金利
短期プライムレート(短プラ)
 銀行が優良企業向けに1年以内の融資をする際に適用される金利
 無担保コール翌日物金利など短期金融市場の動向を参考に決められる
長期プライムレート(長プラ)
 短期以外プライムレート以外の金利
 通常、融資期間に応じて短期プライムレートに金利を上乗せさせる

短プラ、長プラ共に日銀の金利政策の影響を受け、景気に一定の作用を及ぼすのです。その後2007年2月21日には、公定歩合は0.75%まで引き上げられました。期待できる感じではないですよねぇ。。。
ラベル:FX 日本の金利
posted by cat at 15:40| パリ ☁| 通貨選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

FX資源国通貨

為替相場と密接に関連があるのが、前述した原油の他に金、銅、アルミ、ニッケルなどの貴金属相場があります。このような天然資源が豊富な国の通貨を資源国通貨と呼びます。豪ドル、NZドル、カナダドルなどがその代表です。
そのため、豪ドル自体に強気な材料が全くなくても、鉱資源の商品相場が高騰しただけで上昇するなど、各通貨のファンダメンタルズとは無関係につられることもあるのです。

基本的に商品相場が上昇すれば、資源国通貨の「買い時」になります。が、資源国に地政学的リスクが発生したり、経済指標の数値が弱くなったりした場合は、必ずしも買い時とは言えないこともあります。
逆に、商品相場が下落すれば、資源国通貨の「売り時」になり、特に資源国通貨が商品相場の上昇につられて上昇していた場合は、商品相場の下落と共に資源国通貨も下がってしまう傾向が強いのです。なので、上昇基調にある資源国通貨を買うときは、まず上昇した理由をきちんとチェックすることは必須
です。

ラベル:資源国通貨 FX
posted by cat at 23:32| パリ ☀| 通貨選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

FX原油価格と為替相場

原油価格の動向はアメリカと密接な関係にあります。なぜなら、原油輸入量が世界一だからです。原油はOPEC(石油輸出国機構)によって産出量や価格が調整されるため、かつてはOPEC会議での決定事項が為替相場を動かす要因となっていました。しかし現在では、非加盟の産油国も増えてきたために、その影響力は以前よりは低くなっています。
具体的には、地政学的リスクの高まりや有事による原油需要の拡大、ハリケーンなどによる原油の供給懸念などが相場に大きな影響を与えています。

原油を大量に輸入するアメリカでは、原油価格が上昇すればガソリンなどの燃料価格に反映され、企業は経費が増大し、その結果製品価格の値上げを余儀なくされます。となると、個人消費にも悪影響をもたらし、景気後退の原因にもなってしまいます。
なので、原油高になればドルの「売り時となります。日本も原油輸入国ですが、最近では省エネ技術が発達してきているため、円相場への影響は限定的です。
それとは逆に、資源国通貨と言われる豪ドルNZドルカナダドル原油相場が上がれば「買い時になります。ただし、原油相場が急騰すれば、投資資金が原油相場に流れる傾向にもあるため「売り時」となってしまう場合もあるので注意が必要です。

ラベル:FX
posted by cat at 22:00| パリ ☁| 通貨選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

FX分散投資

何度も言うように、為替に絶対という言葉はありません。どんなに安定性の高いペアを買っても、せっかく稼いだスワップほとんとが一瞬にして飛んでしまう可能性は十分にあるのです。極力リスクを回避して長期的にスワップポイントを受け取れる方法を考えなくてはなりません。それには複数の通貨ペアのロングポジションを同時に持つという手法があります。もちろん、この複数のペアは何でもいいわけではありません。大幅な逆相関の関係にあるペアでなければなりません。FXでいう逆相関とは、一方が上昇すれば一方が下落するという関係です。
例えば、ドル/円とユーロ/円は逆相関の動きをする場合が多いので、双方を買っておけば、片方が下がっても片方が上がるので、為替差損が相殺される可能性が高くなるというわけです。

この手法で取引する場合は、レバレッジはなるべく低めに設定することが肝心です。これまた、常に逆相関であるとは限りません。なので、多少含み損(取引が決済される前の未確定の損失)が出てもロスカットされないように、ゆとりをもった低いレバレッジにするようにしましょう。
長期保有は手数料の節約にもなりますよね。

ラベル:分散投資 FX
posted by cat at 23:39| パリ ☁| 通貨選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

FX安定性重視

FXの特徴であるスワップポイントを得るためには、ある程度長期的にポジションを保持しなければなりません。その通貨ペアを選択するにあたり、どのように判断したらよいかを考えてみましょう。

通貨の安定性を判断するには、やはりチャートを見てみることです。それも日足だけでなく、週足、月足など長期のチャートの方がむしろ大切です。長期で保有しなければならないので、長いスパンでその通貨の相場が動くのかを把握することが必要なのです。
例えば、米ドル/円とユーロ/円は2006年1月から6月にかけての約5か月間で約9円の値幅で動きました。豪ドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円は約6円です。このように見れば豪ドル/円やカナダドル/円などの方がこの期間中は安定性が高いという考え方ができます。

散々学びましたが、テクニカルとファンダメンタル双方の分析が必要でしたね。ファンダメンタルな側面からも安定性を考えてみましょう。
例えば、米ドルは世界の基軸通貨の役割となっているので、基本的に経済に必要とされている通貨です。また「有事のドル買い」(最近は一概にも言えない状況でもあるが)「質への逃避」の考え方からも、米ドルは一応の安定性を持っているといえます。また、カナダ、スイスも治安や景気が安定していることからカナダドル、スイスフランも安定性があると考えられます。
NZドルのように治安は悪くなくても、経済規模が小さく景気が不安定な国の通貨は、安定性に欠けると判断できます。

私の好みは高金利通貨を長期で保有するという方法なんです♪
ラベル:FX 安定性
posted by cat at 22:00| パリ ☁| 通貨選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

FX高金利通貨

FXにはスワップポイントというシステムがあります。SWAPは交換という意味で、買った通貨の金利を受け取り、売った通貨の金利を支払う仕組みになっています。
例えば、ドル買い・円売りの場合だと、ドルの金利を受け取り、円の金利を支払います。現在、ドルの金利の方が円の金利よりも高いので、支払う金利よりも受け取る金利の方が多くなるという計算です。逆に、円買い・ドル売りの場合、円の金利を受け取り、ドルの金利を支払うことになるので、支払う金利の方が多くなってしまいます。
現在は海外の通貨のほとんどが日本円よりも金利が高いので、対円のペアで海外通貨を買えば、受け取る金利の方が多くなりますよね。

ということで、金利が高い通貨ほどスワップポイントが大きくなります。
高金利通貨には、豪ドル(6.75%)、NZドル(8.25%)、英国ポンド(5.50%)などがあります。カナダドル(4.00%)もこれらよりは低い金利ですが、安定性があるので、スワップポイント狙いに適した通貨といって良いでしょう。本当はここに米ドルも加えたかったのですが、今までになく低い金利になってしまいました3.00%です。
他にも南アフリカランドや、メキシコペソ、ハンガリーのフォリントなども高金利なのですが、地政学的リスクや景気不安など安定性が低い通貨でもあるために、初心者は手を出さない方が無難だと思います。

金利は2007年1月現在
ラベル:高金利通貨 FX
posted by cat at 22:00| パリ 🌁| 通貨選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。