2008年03月21日

FXにかかる税金

FXには株などと違い「雑所得」という税金を確定申告する必要があります。が、年収2000万円以下で、雑所得収入が20万円を超えない人は申告する必要はありません。
FXの売買で得た利益は、そこから必要経費を差し引いたものが収入金額になります。必要経費とは、FXでかかった手数料、ネットプロバイダー使用料、通信費、セミナー費用(交通費も含む)、書籍購入費、筆記用具などの消耗品等で全て経費から差し引くことができるわけです。

今年6月までの1年間(2006事務年度)に行われた個人に対する税務調査のうち、FXで得た所得の申告漏れ総額が224億円に上ったことが先月16日、国税庁のまとめで分かりました。
1件当たり2176万円で、不正を見込んで行った調査全体の平均の約2.6倍となり、「個人の申告漏れではかなりの高額」(同庁)だったようです。

FXの市場は年々拡大していますが、仲介業者の大半は、客の損益記録を税務署に提出する義務のない「店頭取引」業者であるために、利用者の存在を把握しにくいのです。全国の国税局が近年調査に力を入れており、06事務年度は1030件を調査しました。
ある男性は20以上の店頭取引業者を使い、4年間で2億4900万円の所得を得たにもかかわらず、一切申告していませんでした。

逮捕者まで出ているFXの脱税はすごいですね、所得高だけはあやかりたいものです。(苦笑)
早く申告できるほどになりたいですぅぴかぴか(新しい)



ラベル:税金 FX
posted by cat at 22:00| パリ ☔| FXを始める前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

FXポートフォリオ

自分のポートフォリオを作っていますか?!
ポートフォリオは自分で作ることができます。為替相場も常に状況は変わりながら動いているわけで、その時の状況を良く判断して定期的にメンテナンスすることが重要です。

今は日本は金利が0ですが、5年後10年後には金利がもっとUPしている可能性もあります。また現在金利の高い外国の通貨も金利が下がってしまう可能性だってあります。日本のほうが金利が高くなったら当然、外貨を買った場合スワップを支払うことになってしまいます。日本の金利が安いからこそ、外貨を買うことで高い金利を得られているのです。逆になれば、外貨の売りで金利を得ることになりますね。
05年になり、ドルとユーロの金利が逆転したので、現在はユーロ/ドルの「売り」でスワップがもらえますが、それまでは、ユーロ/ドルの「買い」でスワップ金利がもらえたのです。

というように、ポートフォリオを組むときは、その状況に合わせて考えなければいけません。スワップ金利や、うまい具合に逆の値動きをしている通貨ペアを選んでみることも大切です。スワップ金利でたくさん稼げれば、それだけ資産を安全に運用することができるし、逆の値動きをする通貨を持っていれば、他の通貨で損をしても別の通貨で利益が出るので、リスク回避になります。
ちょっと難しいと思うかもしれませんが、小額投資ならば、色々な組み合わせが可能ですし、1000通貨単位から取引してみるというのも勉強になるかと思います。

自分で資産を運用するには、FXは使い方も人それぞれですから試行錯誤しながらでも、自分の使い方に合ったポートフォリオを自分で組めるようになることが大切です。
posted by cat at 23:00| パリ ☔| FXを始める前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

FX金融商品取引法

2006年に改正した金融商品取引法は、万が一取引上で不都合が起きた場合に投資家を守ってくれる法律なので大まかに要点を覚えておきましょう。

金融商品法の要点は以下のようになっています。
・投資ファンドに届出や登録を義務付けて包括的に規制する
・風説の流布や有価証券報告書の虚偽記載の最長景気を懲役5年から10年に引き上げる
・株式公開買付制度を見直し脱法行為を規制
・株式の大量保有報告義務を厳格化する
・上場企業に財務報告の四半期開示を義務付ける
・元本割れの恐れのある金融商品を横断的に隙間なく規制する

posted by cat at 23:15| パリ ☀| FXを始める前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

FX口座開設

FX業者を選んだら、資料請求をしましょう。大きな資金を預けるのです、隅々まで熟読し、しっかり内容を確認して、疑問があればメールか電話で質問しましょう。なくても無理やり作って質問してみるぐらいした方がよいかもしれません。その応対で、会社の体質がある程度わかるかもしれませんね。
今はネットでバーチャルトレードができる業者もありますので、もし可能ならばぜひ試してみましょう。

実際に口座を開設する場合の方法を簡単に説明しておきます。
もちろん業者によって異なってきますが、大きく分けて2つの方法から選ぶことになります。
1、ホームページから申し込む
2、郵送で申し込む
いずれにしても、申し込みと同時に本人確認書類である、運転免許証・パスポート・健康保険証・印鑑証明・住民票いずれかの提出を余儀なくされるので、事前に準備しておきましょう。
いずれかの方法で申し込みをすると、取引業者側で申込み内容の確認がされ、申込み者側に口座番号やパスワード情報がメールか郵送で届き、口座開設完了となります。一連の流れは、ほぼ数日で終わるでしょう。
後は、取引に必要な保証金を口座に入金すれば、いつでからでも取引をスタートすることができます。

ラベル:口座開設 FX
posted by cat at 23:01| パリ ☁| FXを始める前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

FX業者の選択U

FXは相対取引といって個人が手軽に外貨投資のできる資産運用手段のため、一部の悪質な業者によってのトラブルも少なくありません。
2005年7月に改正金融先物取引法が施行され、自己資本や社内体制等、一定の基準を満たして認可を受けた業者でなければ2006年1月以降、業務を継続できなくなりましたので、最低限以下の6つのポイントは押さえましょう。

金融先物取引業者に登録しているか
登録を受けている業者以外は事業を行うことができません。
運営会社の経営基盤
財務内容や沿革で信用力を確認。
上場企業ならば公開している財務諸表で確認することができます。
顧客資産の分割管理
業者が顧客から預かった証拠金を、会社の事業資金とは別で管理していないと会社が倒産した際に、証拠金が返金されない場合もあるからです。
更には確実なる顧客資産の保護のために信託保全を導入している業者もあるようです。
電話や訪問による強引な勧誘はないか
突然電話をかけてきて勧誘されたり、営業マンが訪問して取引を勧める事は禁止です。悪質業者とみてよいでしょう。
売値と買値が同時に提示されているか
2wayプライスは、レートが透明である証拠になります。
買値だけの表示では顧客がスプレッドを確認できないので、業者が見えないコストを上乗せしているかもしれません。
出金が速やかにできるか
顧客からの出金依頼に対して、なかなか応じない会社は悪徳業者とみてよいでしょう。

やはり、自分の判断がとても大切だということですね。
ラベル:FX
posted by cat at 22:00| パリ ☁| FXを始める前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

FX業者の選択 T

FX業者選び、これもとっても重要なのです。
まず、便利な業者の比較サイトでチェックしてみるとよいですね。選ぶポイントは人それぞれだと思いますが、いろいろな視点から業者を比較することができます。初心者向けであるとか、手数料の安いところとか、自分の投資したい通貨ペアがあるかなどですね。

『ALL外為比較』 http://www.allgaitamehikaku.jp/
『FX会社の選び方』 http://fx.it-japan.net/
『比較.com』  http://www.hikaku.com/fx/
『外為比較ネット』 http://www.gkfx.net/
『FX証券会社比較サイト』 http://hikaku.fxfan.net/

もちろん他にもいろいろあるので、チェックしてみてください。
そして、興味を持った業者はさらに独自のホームページや評判などを詳しく調べるとよいでしょう。

ラベル:FX業者 FX
posted by cat at 22:00| パリ ☁| FXを始める前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

FXゆとりは大切

FXでなくても、投資を始めるには余裕資金で始めなくてはなりません。
全財産をかき集めて、これで儲けようなどという状況では、冷静な判断ができなくなってしまいます。ましてや借金して投資を行うなんて絶対あり得ませんよ。心のゆとりは絶対不可欠なのです。
同じように、時間にもある程度のゆとりが必要です。パソコンでの売買注文は一瞬ですが、そこに至るまでに為替のことを十分理解し、値動きの予測を立てるにはそれなりに勉強や情報分析の時間が必要になります。
すでに勉強したように自動売買という手法もあるので、パソコンにへばりつく必要はありませんが、前述したように、リアルタイムな情報を得るにはネット情報は必須です。
そういった意味でも、緊急時にパソコン回線が止まってしまったりしたら、せっかくの利益を得るチャンスを失ってしまうことにもなりかねません。安定した接続環境というのも必要ですね。
全てはゆとりから始まるわけです。
ラベル:FX
posted by cat at 23:29| パリ ☀| FXを始める前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

FXインターネット

FXとインターネットって相性いいですよね。
もちろん電話での注文もできますが、実際、今時の個人投資家の多くはインターネットを介したオンライン取引をしています。FX取り扱い業者は、広告費・人件費を抑えて運営できることにより、取引手数料を大幅に削減することが可能になっています。そして、一年中動く市場(一部休みもあります)に対して、
個人投資家側もインターネットを使えば、時間を問わず取引ができるわけです。
情報もFXの場合は新聞などのタイムラグのある媒体よりも、インターネットでリアルタイムの情報を入手する必要があります。
と、ネット環境により確かに便利になっているのですが、インターネットの情報の多さにアップアップしてしまわないように、情報を取捨選択する目を養うことが必要不可欠です。
取引会社によっては、ベテランの担当者の方のアドバイスを聞ける場合も多いので、有効利用すると良いでしょう。
posted by cat at 23:28| パリ ☁| FXを始める前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。